れいし (茘枝)

Litchi chinensis

Litchi chinensis

Litchi chinensis

Litchi chinensis

Litchi chinensis

中国の南部が原産です。また3000年以上前から栽培されてきたといいます。高さは5〜10メートルになり、葉は羽状複葉です。2月から4月ごろ、枝の先に円錐花序をつけ、淡緑白色の花を咲かせます。果実は5月から7月ごろに紅色に熟します。主に生食用ですが、乾果や缶詰などにも利用されます。 
ムクロジ科レイシ属の常緑小高木で、学名は Litchi chinensis。
英名は Lychee、Litchi。 
The Lychee (Litchi chinensis) belongs to the family Sapindaceae (the Soapberry family). It is a semi-tall evergreen tree that is antive to southern China. It has been cultivated before 3,000 years ago. This tree can reach 5-10 m in height. The leaves are pinnate compound. The terminal panicles are borne and bloom pale greenish white flowers from February to April. The fruits are ripen rose pink in May to July. They are usually used as a raw diet, and processed to a dried fruit or canning. 
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年01月25日撮影。
[中3・下] 同上にて、2013年05月25日撮影。
[中2] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2004年05月29日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp