れんげしょうま (蓮華升麻) [Index] [Back]

Anemonopsis macrophylla

Anemonopsis macrophylla

Anemonopsis macrophylla

Anemonopsis macrophylla

Anemonopsis macrophylla

Anemonopsis macrophylla

わが国の本州、奈良県以東から福島県に分布しています。山地の落葉樹林内に生え、高さは50〜100センチになります。葉は2〜4回3出複葉で、小葉は卵形でときに3裂し、粗い鋸歯があります。7月から8月ごろ、茎頂に総状花序をだし、淡い紅紫色の花を咲かせます。花弁状に見えるのは萼片です。
キンポウゲ科レンゲショウマ属の多年草で、学名は Anemonopsis macrophylla。英名はありません。
"Renge-shoma" (Anemonopsis macrophylla) belongs to the Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a perennial herb that is native to eastward from Nara prefecture to Fukushima prefecture of Honshu, Japan. This herb grows in montane deciduous forests and can reach 50-100 cm in height. The leaves are twice to fourth 3-lobed compound, the leaflets are ovate and divided into 3 segments with coarse teeth. The pale magenta flowers come in the apical racemes from July to August. The sepals look like petals.
[上・中1] 東京都青梅市「御岳山」にて、2007年08月24日撮影。
(photo by Takao Ito)
[中2・中3] 長野県阿智村智里「ヘブンスそのはら」にて、
2007年05月08日撮影。
[中4・下] 福島県須賀川市勢至堂にて、2016年09月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp