れんぎよう (連翹)

Forsythia suspensa

Forsythia suspensa

Forsythia suspensa

Forsythia suspensa

Forsythia suspensa

Forsythia suspensa

Forsythia suspensa

中国の北部から中部に分布しています。現在では、広く世界の各地
に植栽されています。高さは2〜3メートルほどになり、枝垂れた枝が
地につくと着根します。茎の髄は中空です。葉は卵形で対生し、縁に
は鋸歯があります。3月から4月ごろ、葉に先立って葉腋に黄色い花
を咲かせます。雄しべは2個あり、花柱より短いのが特徴です。果実
には抗菌作用があり、漢方では消炎や排膿、鎮痛などに用いられま
す。
モクセイ科レンギョウ属の落葉低木で、学名は Forsythia suspensa。
英名は Lian Qiao。
Lian Qiao (Forsythia suspensa) belongs to Oleaceae (the Olive family). It is
a small deciduous tree that is native to northern and central China.
Nowadays, it is cultivated widely around the world. This tree can reach 2-
3 m in height. The branches are weeping and strike roots when land on the
ground. The marrows of the stems are midair. The leaves are ovate and
opposite with toothed edges. The yellow flowers bloom in March and April
before foliation. The two stamens are shorter than styles. The fruits have
antibacterial effectiveness and used as a herbal medicine for diuresis,
discharge of pus and analgesicused.
[上・中1] 長野県伊那市高遠町藤沢にて、2005年04月30日撮影。
[中2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年11月30日撮影。
[中3] 同上にて、2006年04月06日撮影。
[中4] 愛知県豊田市有間(あんま)町にて、2005年04月02日撮影。
[中5] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年03月28日撮影。
[下] 長野県軽井沢町「軽井沢町植物園」にて、
2009年04月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp