リプサリス・ホリダ

Rhipsalis baccifera ssp. horrida

Rhipsalis baccifera ssp. horrida

マダガスカル島の固有種です。アフリカからスリランカ、熱帯アメリカ
に広く分布しているバッキフェラ種の倍数体の亜種です。茎は円筒形
で、自由に分枝します。棘座(Areole)には銀白色の剛毛が生えます
が、古くなると脱落します。茎の先端部に近いところの棘座に、淡い
紅色を帯びたクリーム色の花を咲かせます。シノニムで「リプサリス・
サキシコラ」とも呼ばれます。
サボテン科リブサリス属の常緑多年草で、学名は Rhipsalis baccifera
ssp. horrida(syn. R. saxicola)。英名はありません。
Rhipsalis baccifera ssp. horrida belongs to Cactaceae (Cactus family). It is
an evergreen perennial herbacious plant that is endemic to Madagascar.
This cactus is a subspecies of R. baccifera that is distributed from tropical
Africa to Sri Lanka and tropical America. This is a polyploid form of the
host plant. Stems are round and branch freely. Silvery-white bristles grow in
the areoles of new growth, they die off when get older. Pinkish-cream
flowers are seen on the areoles near the apex of the stems.
兵庫県加西市「兵庫県フラワーセンター」にて、
2006年12月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp