ロードデンドロン・クリスチアナエ

Rhododendron christianae

Rhododendron christianae

パプアニューギニアが原産です。標高600〜1500メートルの日当
たりのよい断崖に生えます。楕円形の葉は平滑で、鮮緑色をしてい
ます。狭いベル形で、濃黄色から橙色、サーモン色などの花を咲か
せます。
ツツジ科ツツジ属の常緑小低木で、学名は Rhododendron
christianae。英名はありません。
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2004年02月07日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp