ロードデンドロン・フェルルギネウム

Rhododendron ferrugineum

Rhododendron ferrugineum

Rhododendron ferrugineum

Rhododendron ferrugineum

Rhododendron ferrugineum

Rhododendron ferrugineum

Rhododendron ferrugineum

Rhododendron ferrugineum

Rhododendron ferrugineum

Rhododendron ferrugineum

Rhododendron ferrugineum

Rhododendron ferrugineum

Rhododendron ferrugineum

Rhododendron ferrugineum

Rhododendron ferrugineum

Rhododendron ferrugineum

ヨーロッパが原産です。アルプスやアペニン山脈、バルカン山脈、ピ
レネー山脈などの標高1500〜3200メートルの岩礫地に生え、高
さは50〜100センチになります。葉は卵形から長楕円形で光沢が
あり、縁が内側に反り返ります。6月ごろ、茎の先に散形花序をだ
し、ピンク色の花を咲かせます。
ツツジ科ツツジ属の常緑低木で、学名は Rhododendron ferrugineum。
英名は Alpenrose, Alpine rose。
Alpenrose belongs to Ericaceae (the Azalea family). It is a small evergreen
tree that is native to Europe, from Alps to Apennine, Balkan and Pyrenees
mountais. This tree grows in rocky areas 1500-3200 m elevation and can
reach 50-100 cm in height. The leaves are ovate to oblong and glossy with
inside recurving edges. The umbels are borne at the terminal branches and
bloom pink flowers in June.
[上・中1] スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ高山
植物園」にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中13・中14] 同上にて、2009年06月30日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中2] スイス・ベルン州・グリンデルワルト「バッハアルプゼー」にて、
2007年06月28日撮影。
[中3〜中6] スイス・ベルン州・クライネシャイデックにて、
2007年06月30日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8〜中12] 同上にて、2009年06月28日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中7] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年09月07日撮影。
[下] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、2008年06月20日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp