ルバーブ

Rheum rhaponiticum

Rheum rhaponiticum

Rheum rhaponiticum

Rheum rhaponiticum

Rheum rhaponiticum

Rheum rhaponiticum

ヨーロッパからシベリア南部に分布しています。紀元前3000年ごろ
から栽培され、葉柄をジャムや砂糖漬け、シチューなどに利用されて
きました。「あんず」に似た香りと「りんご」より強い酸味は、欧米人の
好むところとなっています。わが国へは明治時代に渡来しましたが、
わずかに栽培されているにすぎません。和名では「まるばだいおう
(丸葉大黄)」とか「しょくようだいおう(食用大黄)」と呼ばれます。
タデ科ダイオウ属の多年草で、学名は Rheum rhaponiticum。
英名は Rhubarb。
Rhubarb (Rheum rhaponiticum) belongs to Polygonaceae (the Knotweed
family). It is a perennial herb that is native to Europe and southern Siberia.
This herb has been cultivated in Europe from 3,000 BC. The leaf-petioles
are used for jam, confiture and stew. They are apricot-like scented,
stronger acid tasted than apple and the westerner's favorite. It was
introduced into Japan in Meiji-Era (about 120 years ago), though it is
slightly cultivated.
[上・中1・中3] 群馬県中之条町「薬王園」にて、
2008年03月30日撮影。
[中4・下] 同上にて、2009年04月26日撮影。
[中2] 東京都文京区「小石川植物園」にて、2003年05月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp