ルス・グラブラ

Rhus glabra

Rhus glabra

Rhus glabra

Rhus glabra

Rhus glabra

Rhus glabra

Rhus glabra

Rhus glabra

北アメリカの広い範囲に分布しています。山地の林縁や草地、道ばたなどに生え、高さは6メートルほどになります。葉は奇数羽状複葉で、小葉は11〜31個あり、槍形で光沢があります。秋には紅葉します。葉に触っても被れません。初夏、茎頂に円錐花序をだし、小さな黄緑色の花を咲かせます。果実は球形の核果で、夏の終わりには暗赤色に熟し、冬のあいだも残ります。果実には短くて粘り気のある赤い毛が生えます。葉、樹皮、枝にはタンニンが含まれており、アメリカ先住民の人々は、染料として利用していました。
ウルシ科ウルシ属の落葉低木で、学名は Rhus glabra。
英名は Smooth sumac。
Smooth sumac (Rhus glabra) belongs to the family Anacardiaceae (the Sumac family). It is a small deciduous tree that is native to most of North America. This tree grows in mountain foerst edges, grasslands and roadsides, and it can reach about 6 m in height. The leaves are odd-pinnate compound with 11-31 lanceolate, glossy leaflets, and turn red in the fall. They are not dangerous to touch. The panicles are borne atop of stems, and bloom small yellowish-green flowers in summer. The fruits are round drupes, ripen dark reddish in the late summer. They remain through winter. The fruits have short sticky red hairs. Native Americans used its leaves, barks and branches which contain tannin for dye.
[上・中1] アメリカ・アーカンソー州「クイーンウィルヘルミナ州立公園」にて、2005年10月30日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2〜中5] アメリカ・アイダホ州「ショショーン滝」にて、
2013年06月12日撮影。
[中6・下] アメリカ・オレゴン州「ボンネビル孵化場」にて、
2013年06月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp