ルス・ラウリナ [Index] [Back]

Rhus laurina

Rhus laurina

アメリカ西部のカリフォルニア州南部からバハカリフォルニア・スル州に分布しています。海岸沿いの乾燥した斜面に生え、高さは5メートルほどになります。葉は厚く革質で、披針形から卵形です。葉には「にがへんとう(苦扁桃)」に似た芳香があります。晩春から初夏にかけて、よく分枝した花序に小さな白色の花を咲かせます。カリフォルニアでは観賞用として植栽されています。
ウルシ科ウルシ属の常緑低木で、学名は Rhus laurina。
英名は Laurel sumac。
Laurel sumac belongs to Anacardiaceae (Sumac family). It is an evergreen small tree that is native to southern California and Baja California Sur. This tree occurs in coastal dry slopes and can reach about 5 m in height. The leaves are thick, leathery and lanceolate to ovate. They have odor of bitter almonds. The tiny white flowers come in the many-branched clusters in late spring and early summer. This tree is planted as an ornamental in California.
アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」にて、
2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp