ルス・トリロバータ [Index] [Back]

Rhus trilobata

Rhus trilobata

Rhus trilobata

Rhus trilobata

Rhus trilobata

Rhus trilobata

Rhus trilobata

カナダとアメリカの西半分それにメキシコ北部が原産です。砂漠や高原、山地などに生え、高さは2.5メートルほどになります。よく分枝して、密生したやぶを形成します。葉は濃緑色で3深裂し、秋にはオレンジ色や赤みがかった色に紅葉します。葉はつぶされたり、傷つけられたりするとスカンクのような悪臭を放ちますが、被れたりすることはありません。春、葉が展開する前、枝先の密な花序に小さな黄色い花を咲かせます。果実はやや粘りけのある赤色の液果で、ライムに似た香りがあり、食用になります。アメリカ先住民の人々は、果実を食用や飲料、それに民間薬として使い、そのしなやかな若枝はバスケットを編むのに使っていました。
ウルシ科ウルシ属の落葉小低木で、学名は Rhus trilobata。
英名は Skunkbush sumac。
Skunkbush sumac (Rhus trilobata) belongs to the family Anacardiaceae (the Sumac family). It is a deciduous shrub that is native to the western half of Canada and United States, and northern Mexico. This shrub grows in deserts, uplands or mountains, and it can reach about 2.5 m in height. It is well-branched and can form dense thickets. The leaves are dark-green trilobate and turn orange or reddish in the fall. If its leaves are crushed or bruised, they reek skunky smell, but the leaves are not dangerous to touch. The tiny yellow flowers bloom in densely clusters at the branch tips before foliation in spring. The fruits are slightly sticky red berries which have an aroma similar to limes, and are edible. Native Americans used the fruits for food, beverage, and medicine and the pliable young stems for making baskets.
アメリカ・アイダホ州「ショショーン滝」にて、2013年06月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp