ルス・ウィレンス

Rhus virens

Rhus virens

アメリカのアリゾナ州南西部からニューメキシコ・テキサス州それにメ
キシコに分布しています。亜高山帯から高山帯の岩礫地に生え、高
さは2.4〜3.6メートルになります。葉は奇数羽状複葉で、表面は
蝋質です。常緑ですが、冬季には褐色に変わります。8月から9月ご
ろ、芳香のある白い花を咲かせます。その後、鳥たちの目を惹く微
毛に被われた赤橙色の果実ができます。
ウルシ科ウルシ属の常緑低木で、学名は Rhus virens。
英名は Evergreen sumac。
アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、
2003年11月09日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp