リンコグロッスム・ガルドネリ

Rhynchoglossum gardneri

Rhynchoglossum gardneri

Rhynchoglossum gardneri

Rhynchoglossum gardneri

インドからスリランカに分布しています。茎は多肉質です。葉は左右
非対称の卵形で葉脈がくぼみ、裏面ではリブ状になっています。茎
の先に総状花序をだし、青色の下唇が目立つ唇形花を咲かせます。
詳細な情報は見あたりません。
イワタバコ科リンコグロッスム属の多年草で、学名は Rhynchoglossum
gardneri(syn. Klugia zeylanica)。英名はありません。
Rhynchoglossum gardneri belongs to Gesneriaceae (African violet family). It
is a perennial herb that is distributed in India and Sri Lanka. The stem is
succulent and the leaves are ovate, left-right asymmetric with fallen veins
which is ribbed at reverse side. Blue labiate flowers with distinct lower lips
come on the terminal racemes. We cannot found more information about
this species.
[上・中1〜2] 京都府左京区「京都府立植物園」にて、
2005年11月28日撮影。
[下] 同上にて、2007年01月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp