りきゅうばい (利休梅)

Exochorda racemosa

Exochorda racemosa

Exochorda racemosa

Exochorda racemosa

Exochorda racemosa

Exochorda racemosa

Exochorda racemosa

Exochorda racemosa

Exochorda racemosa

Exochorda racemosa

Exochorda racemosa

Exochorda racemosa

Exochorda racemosa

Exochorda racemosa

Exochorda racemosa

中国の中北部が原産です。わが国へは明治時代に渡来しました。高さは2〜4メートルになり、狭倒卵形または楕円形の葉が互生します。4月から5月ごろ、枝先の総状花序に白い花を咲かせます。名前は、茶花としてよく利用されたことから。別名で、「ばいかしもつけ(梅花下野)」とか「うめざきうつぎ(梅咲き空木)」とも呼ばれます。
バラ科ヤナギザクラ属の落葉低木で、学名は Exochorda racemosa。
英名は Common pearlbush。
The Common pearlbush (Exochorda racemos) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a small deciduous tree that is native to central-north China. This tree was introduced into Japan in Meiji Era. It can reach 2-4 m in height. The leaves are narrow obovate to elliptic and alternate. The white flowers bloom in theracemes from April to May.
[上・中1] 茨城県小美玉市「美野里花木センター」にて、
2009年04月08日撮影。
[中2・中3] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、
2004年04月11日撮影。
[中4〜5・中8] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2007年03月26日撮影。
[中6] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2004年05月29日撮影。
[中7] アメリカ・テキサス州ダラス市「ダラス植物園」にて、
2007年03月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中9] 同上にて、2014年03月22日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中10〜13・下] 富山県南砺市「砺波市園芸植物園」にて、
2017年04月22日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp