りんぼく (橉木) [Index] [Back]

Prunus spinulosa

Prunus spinulosa

Prunus spinulosa

Prunus spinulosa

Prunus spinulosa

わが国の本州、関東地方以西から四国・九州、南西諸島それに台湾に分布しています。山地の谷間などに生え、高さは10〜15メートルになります。樹皮は黒褐色で横長の皮目があり、老木になると剥離します。葉は長楕円形で互生し、縁は波状になります。9月から10月ごろ、葉腋から総状花序をだし、白色の小さな花をいっぱいに咲かせます。果実は楕円形の核果で、翌年の初夏に黒紫色の熟します。材は硬く、器具や薪炭などに利用されます。別名で「ひいらぎかし(柊樫)」とも呼ばれます。
バラ科サクラ属の常緑高木で、学名は Prunus spinulosa。
英名はありません。
'Rinboku' (Prunus spinulosa) belongs to Rosaceae (Rose family). It is an evergreen tall tree that is distributed westward from Honshu to Shikoku, Kyushu, Ryukyu Islands of Japan and Taiwan. This tree occurs in motane dales and can reach 10-15 m in height. The barks are bluckkish-brown with horizontal long lenticels, and they peel thinly when aging. The leaves are oblong and alternate with wavy edges. The racemes are borne on the axiles and bloom many small white flowers from September to October. The fruits are elliptic drupes and ripen bluckiish-purple in next early summer. the timber is used for equipment or fuelwood.
愛知県新城市豊岡「鳳来寺山」にて、2007年10月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp