ロドゲルシア・ピンナータ [Index] [Back]

Rodgersia pinnata

Rodgersia pinnata

Rodgersia pinnata

Rodgersia pinnata

中国の四川省と雲南省に分布しています。林や林縁、高山帯の草地などに生え、高さは60〜120センチになります。葉は90センチ以上の長さがあり、羽状複葉で、2〜4個の小葉がつきます。小葉は倒披針形でうねがあり、20センチ以上の長さがあります。6月から9月ごろ、小さな白色や淡いピンク色、赤色がかった花を、集散状の枝のついた花序に咲かせます。果実は紫色の刮ハで、7ミリほどの長さがあります。 
ユキノシタ科ヤグルマソウ属の多年草で、学名は Rodgersia pinnata。英名はありません 
Rodgersia pinnata belongs to the Saxifragaceae (the Saxifrage family). It is a perennial herb that is native to the Sichuan and Yunnan provinces of China. This herb grows in forests, forest margins and alpine meadows, and it can reach 60-120 cm in height. The leaves are up to 90cm long and are pinnate compound, with 2-4 leaflets. The leaflets are oblanceolate, ribbed and up to 20 cm long. The small white, pale pink or reddish flowers bloom in the clusters with cyme-like branches from June to September. The fruit is a purple capsule about 7 mm long. 
[上・中1] イギリス・スコットランド「スカイ島」にて、
2016年05月31日撮影。
(photo by Jon Suheiro)
[中2・下] イギリス・スコットランド・アビモアにて、
2016年06月04日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp