ろくべんしもつけそう (六弁下野草)

Filipendula hexapetala

Filipendula hexapetala

Filipendula hexapetala

Filipendula hexapetala

Filipendula hexapetala

ユーラシア大陸に分布しています。乾燥した砂礫地の草原に生え、
高さは10〜40センチになります。葉は羽状複葉で、小葉は8対以
上あり、基部には托葉があります。夏に集散花序をだし、淡い黄白
色の六弁花を咲かせます。
バラ科シモツケソウ属の多年草で、学名は Filipendula hexapetala。
英名は Dropwort, Meadowsweet。
Dropwort belongs to Rosaceae (Rose family). It is a perennial herb that is
distributed in Eurasian Continent. This herb occurs in arid gravel grasslands
and can reach 10-40 cm in height. The leaves are pinnate compound with
over 8 pairs of leaflets and stipulars at the bases. The corymbs are borne
and bloom pale yellowish-white, 6-petaled flowers in summer.
[上・中1・下] 大阪府枚方市「ひらかたパーク」にて、
2007年05月23日撮影。
[中2・中3] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年05月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp