ロムレア・ブルボコディウム [Index] [Back]

Romulea bulbocodium

Romulea bulbocodium

ヨーロッパのおもに地中海沿岸が原産です。海岸近くの砂地や岩場に生え、高さは5〜15センチになります。小さな球茎があります。葉は長い線形です。3月ごろ、黄色い咽のある淡い青紫色の花を咲かせます。
アヤメ科ロムレア属の多年草で、学名は Romulea bulbocodium。
英名は Violet romulea。
Violet romulea (Romulea bulbocodium) belongs to Iridaceae (Iris family). It is a perennial herb that is native to Europe and mainly the Mediterranean region. This herb occurs in sandy or rocky places near the sea and can reach 5-15 cm in height. It has a small corm. The leaves are long and linear. The pale bluish-purple flowers with a yellow throat appear in March.
オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2008年09月16日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp