ロサ・カニナ [Index] [Back]

Rosa canina

Rosa canina

Rosa canina

Rosa canina

Rosa canina

ヨーロッパやアフリカ北西部、西アジアに分布しています。高さは1〜5メートルになり、茎は小さなかぎ状の棘に被われます。葉は奇数羽状複葉で、5〜7個の小葉がつきます。花色はふつう淡いピンク色ですが、濃いピンク色から白色まで変異があります。花期は5月から6月ごろです。果実は卵形で、秋に赤橙色の熟し、ハーブティーとして利用されます。多くの園芸品種が作出されています。
バラ科バラ属の落葉低木で、学名は Rosa canina。
英名は Dog rose。
Dog rose belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a deciduous small tree that is native to Europe, northwest Africa and western Asia. This tree can reach 1-5 m in height, and the stems are covered with small hooked spines. The leaves are odd-pinnate compound with 5-7 leaflets. The flowers are usually pale pink, but can vary between deep pink and white. They come in May to June. The fruits are oval and ripen red-orange in fall, and used as a refreshing tea. Many cultivars have been breeded.
[上・中1〜2] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
2008年06月18日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・下] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2007年06月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp