ロサ・ダビディー [Index] [Back]

Rosa davidii

Rosa davidii

中国の中部、甘粛省から四川省、雲南省に分布しています。標高1600〜3000メートルの山地の潅木帯に生え、高さは5メートル以上になります。幹には強い棘があり、葉は奇数羽状複葉で卵形の小葉が7〜11個つきます。6月から7月ごろ、芳香のあるピンク色の花を咲かせます。果実はボトル形で朱色に熟します。種小名は、発見したフランス人宣教師のアルマン・ダビッド神父(Armand David)に因みます。
バラ科バラ属の落葉低木で、学名は Rosa davidii。
英名はありません。
Rosa davidii belongs to Rosaceae (Rose family). It is a deciduous small tree that is native to central China, from Gansu south to Sichuan, Yunnan. This tree occurs in mountain scrubs 1600-3000 m elevation and can reach up to 5 m in height. The stems have strong prickles and the leaves are odd-pinnate compound with 7-11 ovate leaflets. The scented pink flowers come in June to July. The fruits are bottle-shaped and ripen in scarlet. The specific epithet is named in honor of French missionary Père Armand David.
岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、2007年06月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp