ローズゼラニウム

Pelargonium graveolens

Pelargonium graveolens

Pelargonium graveolens

Pelargonium graveolens

Pelargonium graveolens cv. Rober's Lemon Rose

Pelargonium graveolens cv. Lemon Balm

Pelargonium capitatum cv. Atomic Snow Flake

Pelargonium graveolens

南アフリカのリンポポ州と西ケープ州の2つの地域に分布していま
す。夏は暑くて、冬も温暖な土地に生え、高さは1.3メートルほどに
なります。葉には甘い「ばら」の香りがあり、冬の終わりから夏にかけ
て、淡いピンクの花を咲かせます。インド洋西部にあるレユニオン島
産のものは芳香がとくに強く、「ゼラニウム・ブルボン」と呼ばれ、アロ
マテラピーで使用されます。
中4は、園芸品種の「レモンローズ(cv. Rober's Lemon Rose)」
中5は、「レモンバーム(Pelargonium capitatum cv. Lemon Balm)」
中6は、「スノーフレーク(cv. Atomic Snow Flake)」
フウロソウ科テンジクアオイ属の常緑小低木で、学名は Pelargonium
graveolens (or Pelargonium capitatum)。英名は Rose geranium。
Rose geranium (Pelargonium graveolens) belongs to Geraniaceae
(the Geranium family). It is an evergreen shrub that is native to South
Africa; Limpopo Province and Western Cape Province. This shrub grows
in the places where the summer is hot and the winter is mild, and can reach
about 1.3 m in height. The leaves are sweet rose-scented. The pale pink
flowers are borne from late winter to summer. The cultivar of this species
which is grown commercially on the island of Reunion, is called "Geranium
Bourbon" and used for aroma therapy.
[上・中1〜2・中4〜6] 群馬県中之条町「薬王園」にて、
2009年04月26日撮影。
[下] 同上にて、2008年03月30日撮影。
[中3] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2005年04月28日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp