ローゼル

Hibiscus sabdariffa

Hibiscus sabdariffa

Hibiscus sabdariffa

Hibiscus sabdariffa

Hibiscus sabdariffa

インドからマレーシアが原産ですが、早い時代にアフリカに導入され
ました。現在では熱帯・亜熱帯地域で広く栽培され、また帰化もして
います。茎はふつう赤みを帯び、高さは2〜3メートルになります。葉
は楕円形で3深裂し、互生します。短日植物で、9月から11月ごろ、
葉腋にクリーム色の花を咲かせます。花弁の基部は暗赤色です。萼
片は暗赤色で肥厚し、これが食用となります。ジャムや西洋料理のソ
ース、ハイビスカスティーなどに利用されます。
アオイ科フヨウ属の一年草または多年草で、学名は Hibiscus
sabdariffa。英名は Roselle。
Roselle (Hibiscus sabdariffa) belongs to Malvaceae (Mallow family). It is
an annual or perennial herb that is native to India through Malaysia. It was
introduced into Africa in early days. Nowadays, it is cultivated widely in
tropical and sub-tropical areas, and also naturalized in these areas. The
stem is tinged reddish and can reach 2-3 m in height. The leaves are deep
trilobate and alternate. This herb is a short day plant and blooms creamy
flowers on the axiles from September to November. The petals have dark
red bases. The calyx lobes are dark red and thickened. They are used for
food; jam, sauce and herbal tea.
[上・中1] 愛知県安城市「デンパーク」にて、2007年11月02日撮影。
[中2〜3・下] 大阪府四条畷市清滝中町にて、
2006年10月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp