ロサ・ファルレリ・ペルセトーサ [Index] [Back]

Rosa farreri f. persetosa

Rosa farreri f. persetosa

中国の中部、甘粛省から四川省が原産です。標高1500〜2800メートルの潅木帯に生え、高さは1〜2メートルになります。幹や枝には剛毛が密生し、まばらに棘が生えます。葉は奇数羽状複葉で、卵形または楕円形の小葉が7〜9個つきます。5月から6月ごろ、直径1.5〜2センチのピンク色から白色の花を咲かせます。果実は楕円形で、濃赤色に熟します。
バラ科バラ属の落葉小低木で、学名は Rosa farreri f. persetosa。
英名はありません。
Rosa farreri f. persetosa belongs to Rosaceae (Rose family). It is a deciduous shrub that is native to central China, from Gansu to Sichuan. This shrub occurs in scrubs 1500-2800 m elevation and can reach 1-2 m in height. The stems and branches are covered with dense bristles and sparse prickles. The leaves are odd-pinnate compound with 7-9 ovate or elliptic leafleats. The pink to white flowers 1.5-2 cm across come in May to June. The fruits are elliptic and ripen in deep red.
岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、2007年06月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp