ロサ・ピソカルパ [Index] [Back]

Rosa pisocarpa

Rosa pisocarpa

北アメリカの西部、ブリティッシュコロンビア州からカリフォルニア州が原産です。林縁の湿り気のある日陰に生え、高さは2.5メートルほどになります。幹はふつう黒色で、棘がわずかにあります。葉は奇数羽状複葉で、倒卵状楕円形の小葉が5〜7個つきます。6月から8月ごろ、枝先の花序にピンク色の花を咲かせます。果実は球形で、伸びた萼片が残り、真っ赤に熟します。果実はジャムやゼリー、フルーツの香りのあるティーなどに利用されます。
バラ科バラ属の落葉低木で、学名は Rosa pisocarpa。
英名は Cluster rose。
Cluster rose belongs to Rosaceae (Rose family). It is a deciduous small tree that is native to western North America, from British Columbia to California. This tree occurs in moist or shady areas at forest edges and can reach about 2.5 m in height. The stems are generally black with few prickles. The leaves are odd-pinnate compound with 5-7 obovate-elliptic leaflets. The pink flowers come in the terminal clusters from June to August. The fruits are round with elongate sepal-tips and ripen in red. They are used to make jams, jellies and fruity-flavoured teas.
岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、2007年06月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp