ロサ・ルビギノーサ

Rosa rubiginosa

Rosa rubiginosa

Rosa rubiginosa

イギリスから北ヨーロッパそれにコーカサス地方や小アジアに分布し
ています。高さは2.5メートルほどになります。葉は奇数羽状複葉
で、小葉は楕円形です。6月から7月ごろ、淡いピンク色の花を咲か
せ、秋には果実が朱赤色に熟します。果実は食用になり、ゼリーなど
に加工されます。ただニュージーランドやオーストラリア南東部では、
侵入植物として扱われています。
バラ科バラ属の落葉低木で、学名は Rosa rubiginosa (syn. R.
eglanteria)。英名は Sweet briar, Eglantine rose。
Sweet briar belongs to Rosaceae (Rose family). It is a deciduous small tree
that is native to England, northern Europe eastward to Asia Minor and
Caucasia. This tree can reach about 2.5 m in height. The leaves are odd-
pinnate compound with elliptic leaflets. The pale pink flowers come in June
to July and the fruits ripen in scarlet red in fall. The fruits are edible and
processed to jelly. In New Zealand and southeast Australia it is an invasive
plant.
[上] 岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、
2007年06月08日撮影。
[中・下] ニュージーランド・カンタベリー地方「プカキ湖」にて、
2003年12月25日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp