ロサ・ウッドシー [Index] [Back]

Rosa woodsii

Rosa woodsii

北アメリカにもっとも多く分布する「ばら」の一種です。丘陵から山地、亜高山帯に生え、高さは1.5メートル以上になります。葉は奇数羽状複葉です。花は淡いピンク色から濃いピンク色で強い芳香があり、直径5センチほどで、晩春から初夏に咲きます。果実は球形で、濃い赤色に熟します。果実はゼリーやフルーツケーキ、ハーブティーなどに利用されます。
バラ科バラ属の落葉小低木で、学名は Rosa woodsii (syn. R. macounii)。英名は Woods' rose, Wild rose。
Woods' rose belongs to Rosaceae (Rose family). It is a deciduous shrub that is one of the most frequent native rose in North America. This shrub occurs in foothills, montane or subalpine and can reach up to 1.5 m in height. The leaves are odd-pinnate compound. The flowers are strongly scented, pale pink to deep pink around 5 cm across and bloom from late spring to early summer. The fruits are round and ripen in dark red. They are used to make jellies, fruitcakes and flavoring teas.
岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、2007年06月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp