ろうばい (蝋梅)

Chimonanthus praecox

Chimonanthus praecox

Chimonanthus praecox

Chimonanthus praecox

Chimonanthus praecox

Chimonanthus praecox

Chimonanthus praecox

Chimonanthus praecox

Chimonanthus praecox

Chimonanthus praecox

Chimonanthus praecox

Chimonanthus praecox

Chimonanthus praecox

Chimonanthus praecox

Chimonanthus praecox

中国の中部が原産です。わが国へは江戸時代の終わりに渡来しました。名前は、蝋細工のような花を咲かせることから。高さは4メートルほどになり、卵形の葉は対生します。1月から2月ごろ、葉が展開する前に淡黄色の花を咲かせます。外側の花被片は淡黄色、内側は紫褐色です。
ロウバイ科ロウバイ属の落葉低木で、学名は Chimonanthus praecox。
英名は Wintersweet。
Wintersweet belongs to Chimonanthus (the Wintersweet family). It is a small deciduous tree that is native to central China. This tree was introduced into Japan in the last days of Edo Era (about 150 years ago). It can reach about 4 m in height. Leaves are ovate abd oppposite. Ceroplastics-like pale yellow flowers come from January to February before foliation. The tepal is pale yellow on outside, purplish brown on inside.
[上・中1] 群馬県藤岡町「桜山森林公園」にて、
2009年01月24日撮影。
[中13・下] 同上にて、2011年12月11日撮影。
[中2〜中4] 群馬県安中市「ろうばいの郷」にて、
2009年01月24日撮影。
[中5・中12] 愛知県春日井市「春日井市都市緑化植物園」にて、
2007年01月12日撮影。
[中6・中7] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年02月02日撮影。
[中8] 同上にて、2004年02月07日撮影。
[中9] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2006年05月06日撮影。
[中10] 同上にて、2007年06月21日撮影。
[中11] 同上にて、2007年09月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp