ルブス・アルメニアクス [Index] [Back]

Rubus armeniacus

Rubus armeniacus

Rubus armeniacus

Rubus armeniacus

Rubus armeniacus

Rubus armeniacus

Rubus armeniacus

Rubus armeniacus

アルメニアからイラン北部が原産です。ヨーロッパやオーストラリア、北アメリカでは1800年代に導入されました。いまではあちこちに帰化しています。茎は4〜10メートルになり、地面に横たわったり、弓なりになったりします。一年目の葉は長さ7〜20センチ、5個の小葉がつく掌状複葉です。二年目の葉はやや小振りで3個の小葉がつき、葉裏の中肋には棘が生えます。二年目の晩春から初夏にかけて、円錐花序に白色または淡いピンク色の花を咲かせます。果実は多くの小核果が集まった集合果で、黒色や濃紫色に熟します。
バラ科キイチゴ属の多年草で、学名は Rubus armeniacus。
英名は Armenian blackberry、Himalayan blackberry。
Armenian blackberry (Rubus armeniacus) belongs to the family Rosaceae (the Rose family). It is a perennial herb that is native to Armenia and Northern Iran, and it was introduced to Europe, Australasia and North America in the 1800s. Nowadays, it is widely naturalised elsewhere. The stem can reach 4-10 m long, trailing along the ground or arching. The leaves on first year shoots are 7–20 cm long, palmately compound with five leaflets. The leaves on second year are smaller with three leaflets which bear thorns along the midrib on the underside. In its second year, the white or pale pink flowers bloom on panicles in late spring and early summer. The fruit is an aggregate fruit of numerous drupelets, and ripening black or dark purple.
アメリカ・オレゴン州カスケードロックスにて、2013年06月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp