ルドベキア・グランディフローラ [Index] [Back]

Rudbeckia grandiflora

Rudbeckia grandiflora

Rudbeckia grandiflora

Rudbeckia grandiflora

アメリカの中南部が原産です。茎は直立し、高さは75〜150センチになります。茎や葉には粗い毛が生えます。葉は披針形で、下部の葉には長い葉柄がつきます。7月から10月ごろ、黄色い頭花を咲かせます。頭花には8〜12個の舌状花があり、下垂します。筒状花は円錐形で、2〜3センチの高さがあり、灰緑色をしています。花が成熟すると褐色に変化します。
キク科オオハンゴンソウ属の多年草で、学名は Rudbeckia grandiflora。英名は Rough coneflower, Tall coneflower。
Rough coneflower belongs to Asteraceae (Aster family). It is a perennial herb that is native to central-south USA. The stem is erect and can reach 75-150 cm in height. The stems and leaves have rough hairs. The leaves are lanceolate and the bottom ones have long petioles. It bears yellow flower-heads from July to September. The flower-heads have 8-12 drooping ray flowers. The cones are 2-3 cm high, gray-green, but turning brown as the flowers mature.
アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、2007年06月10日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp