ルドベキア・トリローバ

Rudbeckia triloba cv. Takao

Rudbeckia triloba cv. Takao

Rudbeckia triloba cv. Takao

Rudbeckia triloba cv. Takao

Rudbeckia triloba cv. Takao

アメリカの東部から中西部に分布しています。疎らな林内や野原に
生え、高さは1.5メートルほどになります。全体に細毛に被われ、葉
は卵状楕円形で互生します。葉縁には疎らな鋸歯があるかほとんど
全縁です。下部の葉には、3裂するものがあります。6月から10月ご
ろ、枝先に直径5センチほどの黄色い頭花を咲かせます。舌状花は
ふつう8個あり、管状花は褐色で球状につきます。写真は園芸品種
の「タカオ(cv. Takao)」。
キク科オオハンゴンソウ属の二年草で、学名は Rudbeckia triloba。
英名は Brown-eyed Susan。
Brown-eyed Susan (Rudbeckia triloba) belongs to the Asteraceae (the
Aster family). It is a biennial herb that is native to eastern and midwestern
United States. This herb grows in thin forests and fields, and can reach
about 1.5 m in height. The whole plants are covered with fine hairs, the
leaves are ovate-elliptic and arranged in alternate. The leaves are sparse
serrate or almost entire. The underneath leaves are sometimes trilobate.
The yellow, about 3 cm across flower-heads bloom on the terminal
branches from June to October. The flower-head has usually 8 ray flowers
and brown spherical tubular flowers. The photos are a cultivar 'Takao'.
{上・中1〜2] 東京都小平市「都薬用植物園」にて、
2009年08月09日撮影。
[中3・下] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年10月25日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp