ルエリア・バルビラナ

Ruellia barbillana

Ruellia barbillana

中央アメリカのコスタリカが原産です。高さは50〜80センチになり、
葉は卵形で対生します。漏斗状の花は淡いラベンダーピンクで、直
径が4〜5センチあり、先端が5裂して平開します。花は一日花です
が、温度があれば周年咲き続けます。
キツネノマゴ科ルイラソウ属の常緑多年草で、学名は Ruellia
barbillana。英名はありません。
京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、2003年12月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp