ルエリア・グラエキザンス

Ruellia graecizans

Ruellia graecizans

Ruellia graecizans

Ruellia graecizans

南アメリカが原産です。高さは30〜60センチほどになり、非常によく分枝して、赤紅色の筒状花をいっぱい咲かせます。適度な日差しと温度があれば周年開花します。自然によく結実し、完熟すると種子をはじき飛ばすので、温室内では雑種化しやすいそうです。 
キツネノマゴ科ルイラソウ属の多年草で、学名は Ruellia graecizans。英名は Red Christmas pride。 
Red Christmas pride (Ruellia graecizans) belongs to the Acanthaceae (the Acanthus family). It is a perennial herb that is native to South America. The height is about 30-60 cm, it branches very well, and many red-crimson tubular flowers are blooming. An annual flowering will occur if moderate sunshine and temperature are available. It fruits naturally well and it seems easy to hybridize in the greenhouse because it flicks off when it ripens. 
[上] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年11月29日撮影。
[中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2002年09月22日撮影。
[中2・下] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2017年09月22日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp