ルエリア・メッツァエ [Index] [Back]

Ruellia metzae

Ruellia metzae

アメリカの中南部、テキサス州に分布しています。メスキートの潅木帯やオークの小さな丘、河床や石灰岩の丘陵などに生え、高さは60センチほどになります。葉は卵形で粗い鋸歯がふります。5月から10月ごろ、白色の花を咲かせます。
キツネノマゴ科ルイラソウ属の多年草で、学名は Ruellia metzae。
英名は Metz's wild petunia。
Metz's wild petunia (Ruellia metzae) belongs to Acanthaceae (the Ruellia family). It is a perennial herb that is native to south-central United States, Texas. This herb grows in mesquite areas, oak mottes, stream beds and limestone hills, and can reach about 60 cm in height. The leaves are ovate with coarse toothed edges. The white flowers bloom from May to October.
アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2008年05月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp