ルエリア・ペドゥンクラータ

Ruellia pedunculata

Ruellia pedunculata

アメリカの東南部から中南部に分布しています。乾燥した岩礫地の
林内や渓谷、平地などに生え、高さは50センチほどになります。茎
は直立し、いくぶん稜があります。葉は卵形から披針形で対生し、ほ
とんど十字状につきます。ほとんど全縁で、葉柄は1センチほどあり
ます。5月から9月ごろ、葉腋から苞葉のある花柄を伸ばし、紫色か
ら白色の漏斗状花を咲かせます。花冠の先は5中裂します。
キツネノマゴ科ルイラソウ属の多年草で、学名は Ruellia pedunculata。
英名は Stalked wild petunia。
アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年10月08日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp