ルエリア・ストレペンス

Ruellia strepens

Ruellia strepens

アメリカの東部から中南部、ペンシルバニア州からカンザス州、テキ
サス州にかけて分布しています。明るい林内や荒れ地、河岸などに
生え、高さは1メートルほどになります。茎は直立してほとんど無毛で
す。葉は卵形から卵状披針形、長楕円形で対生し、葉柄にはふつう
翼があります。5月から10月ごろ、葉腋から1〜2個の青色または白
色の筒状花を咲かせます。花冠の先端は5裂します。
キツネノマゴ科ルイラソウ属の多年草で、学名は Ruellia strepens。
英名は Limestone wild petunia, Smooth wild petunia 。
アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp