るりまつりもどき (瑠璃茉莉擬き)

Ceratostigma plumbaginoides

Ceratostigma plumbaginoides

Ceratostigma plumbaginoides

Ceratostigma plumbaginoides

中国の西部が原産です。わが国へは明治時代の終わりに渡来しま
した。高さは20〜30センチですが、地下茎を伸ばして広がるため、
グランドカバーに利用されます。葉は楕円形から倒卵形で緑色をして
いますが、秋になると赤褐色に紅葉します。夏から降霜のころまで、
鮮やかな瑠璃色の花を咲かせます。
イソマツ科ケラトスティグマ属の多年草で、学名は Ceratostigma
plumbaginoides。英名は Plumbago。
Plumbago belongs to the Plumbaginaceae. It is a perennial herb that is
native to western China. This herb was introduced into Japan in the last
days of Meiji Era. It can reach 20-30 cm in height, and spreads widely by
rhizomes. This herb is also frequently planted for ground-cover. Leaves are
elliptic to obovate and green. They turn reddish-brown in fall. Bright
lazuline flowers come from summer to late fall.
[上・中1] オーストラリア・シドニー市「シドニー王立植物園」にて、
2007年03月04日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2003年07月06日撮影。
[下] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年10月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp