るりまつり (瑠璃茉莉)

Plumbago capensis

Plumbago capensis

Plumbago capensis

Plumbago capensis

Plumbago capensis

Plumbago capensis

Plumbago capensis

Plumbago capensis

Plumbago capensis

Plumbago capensis

Plumbago capensis

南アフリカが原産です。現在では、熱帯から亜熱帯地方の庭園に広く植栽されています。茎はしなやかな半蔓性で、支持するものがあれば高さは2.4メートルほどになります。葉は長楕円形から長楕円状へら形で光沢があり、互生します。5月から10月ごろ、茎頂や葉腋から穂状花序をだし、「フロックス」に似た高坏形の水色から白色の花を咲かせます。萼片には腺毛があり粘ります。また果実はこの腺毛により「ひっつきむし(Burr)」となって散布されます。 
イソマツ科プルンバゴ属の常緑小低木で、学名は Plumbago capensis。英名は Cape plumbago。 
The Cape plumbago (Plumbago capensis) belongs to the family Plumbaginaceae. It is an evergreen shrub that is native to South Africa. This shrub is cultivated widely in tropical to subtropical gardens. The stem is a supple semi-vine and can reach 2.4 m long. The leaves are oblong to oblong-spatulate, glossy and alternate. The spikes are borne on the shoot apexes or axils, and the Phlox-like, presentoir-shaped, aqua to white flowers bloom from May to October. The sepals have sticky glandular hairs. The fruits are burrs and scattered by animals. 
[上・中4] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年10月25日撮影。
[中1・中2] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年12月16日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年10月08日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5] 大阪市鶴見区「鶴見緑地公園」にて、2006年11月29日撮影。
[中6] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」
にて、2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
2008年06月15日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8・中9] アメリカ・テキサス州オースティン市にて、
2008年04月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] ギリシャ・モネンバシアにて、2014年09月23日撮影。
(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp


Shu Suehiro
shu@botanic.jp