るりやなぎ (瑠璃柳)

Solanum glaucophyllum

Solanum glaucophyllum

ブラジルからウルグアイ、アルゼンチンに分布しています。わが国へ
は江戸時代に琉球から渡来しました。高さは1〜2メートルになり、地
下茎で増えます。葉はヤナギに似た長披針形で白っぽい青緑色をし
ています。7月から9月ごろ、茎の先に散房花序をつけ、紫色の花を
咲かせます。別名で「リュウキュウヤナギ(琉球柳)」とも呼ばれます。
ナス科ナス属の常緑低木で、学名は Solanum glaucophyllum。
英名は Waxyleaf nightshade。
大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2003年09月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp