ロシアンセージ

Perovskia atriplicifolia

Perovskia atriplicifolia

Perovskia atriplicifolia

Perovskia atriplicifolia

Perovskia atriplicifolia

パキスタンからアフガニスタン、コーカサス地方が原産です。高温多湿には弱いようです。高さは1〜1.5メートルになり、枝や葉は灰緑色をしています。7月から10月ごろ、葉腋から花茎を伸ばして青紫色の可愛らしい花を咲かせます。別名で「秋のラベンダー」とも呼ばれます。全体にミントに似た香りがありポプリやクラフトなどに利用されます。 
シソ科ペロフスキア属の落葉小低木で、学名は Perovskia atriplicifolia。英名は Russian sage。 
Russian sage (Perovskia atriplicifolia) belongs to the Lamiaceae (the Mint family). It is a deciduous shrub that is native from Pakistan to Afghanistan and the Caucasia. It is weak in weather, hot and humid condition. This shrub can reach 1-1.5 m in height. The branches and leaves are grayish green. The flowering stalks are borne at the axils and bloom pretty blue-purple flowers from July to October. The whole plants have mint flavor and used as a potpourri and craft arts. 
[上] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年10月08日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年09月19日撮影。
[中2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年08月16日撮影。
[中3] アメリカ・ニューメキシコ州サンタフェ市にて、
2010年07月11日撮影。(photo by Jouette Travis)
[下] 同上にて、2010年07月11日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp