ロシアンタラゴン [Index] [Back]

Artemisia dracunculoides

Artemisia dracunculoides

北アメリカやヨーロッパ北部、それにシベリアに分布しています。大草原や平原、乾燥した斜面などに生え、高さは120〜150センチになります。茎はよく分枝し、葉は披針形で全縁、対生します。9月ごろ、直径2〜4ミリの小さな頭状花序をだし、黄色から黄緑色の小さな花を咲かせます。葉には芳香があり、タラゴン酢やサラダドレッシング、鶏肉や豚肉、卵料理などに利用されます。
キク科ヨモギ属の多年草で、学名は Artemisia dracunculoides。
英名は Russian tarragon。
Russian tarragon (Artemisia dracunculoides) belongs to Asteraceae (Aster family). It is a perennial herb that is distributed to North America, northern Europe and Siberia. This herb occurs in prairies, plains or dry slopes and can reach 120-150 cm in height. The stem is much branched. The leaves are lanceolate, entire and opposite. The small capitulae 2-4 mm diameter are borne and bloom yellow or greenish-yellow florets in September. The leaves are aromatic and used for tarragon vinegars, salad dressings or chicken, fish and egg dishes.
群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp