りゅうきゅうあい (琉球藍) [Index] [Back]

Strobilanthes cusia

Strobilanthes cusia

わが国の南西諸島から台湾、中国南東部、インドシナ半島それにインドに分布しています。高さは1.5〜1.8メートルになります。葉は卵形で、しばしば垂れ下がります。11月から12月ごろ、赤紫色のベル形の花を咲かせます。葉は、インディゴ(あい)の代用に使用されます。
キツネノマゴ科イセハナビ属の小低木で、学名は Strobilanthes cusia。英名は Assam indigo、Chinese rain bell。
Assam indigo (Strobilanthes cusia) belongs to Acanthaceae (the Ruellia family). It is a shrub that is distributed southward from the Ryukyu Islands to Taiwan, southeast China, the Indochina Peninsula and India. This shrub can reach 1.5-1.8 m in height. The leaves are ovate and often drooping. The magenta bell-shaped flowers bloom from November to December. The leaves are used as a substitute for indigo.
群馬県高崎市「高崎市染料植物園」にて、2008年12月07日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp