りゅうきんか (立金花)

Caltha palustris var. nipponica

Caltha palustris var. nipponica

Caltha palustris var. nipponica

Caltha palustris var. nipponica

Caltha palustris var. nipponica

Caltha palustris var. nipponica

Caltha palustris var. nipponica

Caltha palustris var. nipponica

Caltha palustris var. nipponica

Caltha palustris var. nipponica

Caltha palustris var. nipponica

Caltha palustris var. nipponica

Caltha palustris var. nipponica

Caltha palustris var. nipponica

Caltha palustris var. nipponica

Caltha palustris var. nipponica

Caltha palustris var. nipponica

Caltha palustris var. nipponica

Caltha palustris var. nipponica

Caltha palustris var. nipponica

Caltha palustris var. nipponica

わが国の本州と九州、それに朝鮮半島に分布しています。山地の湿地や水辺に生え、高さは30〜50センチになります。葉は「ふき」のように丸く、縁には浅い鋸歯があります。5月から7月ごろ、茎の先や葉腋に黄色い花を咲かせます。花弁はなく、花弁のように見えるのは萼片です。
キンポウゲ科リュウキンカ属の多年草で、学名は Caltha palustris var. nipponica。英名は Marsh marigold。
Marsh marigold (Caltha palustris var. nipponica) belongs to the Ranunculaceae (the Buttercup family). It is a perennial herb that is distrubuted to Honshu, Kyushu of Japan and the Korean Peninsula. This herb grows in montane marshes or water's edges and can reach 30-50 cm in height. The leaves are round with shallow toothed edges. The bright yellow flowers bloom on the stem apices and axils from May to July. The sepals look like petals.
[上・中1] 長野県阿智村智里「ヘブンスそのはら」にて、
2007年05月08日撮影。
[中2〜3・中7] 長野県小谷村千国乙「栂池自然園」にて、
2005年07月11日撮影。
[中6] 同上にて、2006年08月02日撮影。
[中4] 大阪府四条畷市逢阪「むろいけ園地」にて、
2006年04月16日撮影。
[中5] 長野県松川村川西「下条りんご園」にて、
2006年05月09日撮影。
[中8] 長野県駒ヶ根市赤穂「養命酒健康の森」にて、
2006年04月04日撮影。
[中9・中10] 新潟県妙高市樽本「沼ノ原湿原」にて、
2010年05月04日撮影。(photo by Aya Nishizawa)
[中11〜中15] 群馬県片品村戸倉「尾瀬ヶ原」にて、
2012年06月10日撮影。
[中16〜19・下] 同上にて、2015年07月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp