りゅうのうぎく (竜脳菊)

Chrysanthemum japonicum

Chrysanthemum japonicum

Chrysanthemum japonicum

Chrysanthemum japonicum

Chrysanthemum japonicum

Chrysanthemum japonicum

Chrysanthemum japonicum

Chrysanthemum japonicum

Chrysanthemum japonicum

わが国の本州、福島・新潟県以南から四国、九州に分布していま
す。日当たりの良い丘陵や山地に生え、高さは40〜80センチにな
ります。葉はふつう3裂して、縁には粗い鋸歯があります。表面には
細毛が疎らに生え、裏面は灰白色の毛に被われています。10月か
ら11月ごろ、白色の頭花を咲かせます。全体に竜脳(りゅうのう)に
似た香りがあります。
キク科キク属の多年草で、学名は Chrysanthemum japonicum。
英名はありません。
"Ryunou-giku" (Chrysanthemum japonicum) belongs to the Asteraceae (the
Aster family). It is a perennial herb that is native southward from
Fukushima-Niigata prefecture Shikoku and Kyushu of Japan. This herb
grows in sunny hills or mountains, and can reach 40-80 cm in height. The
leaves are usually trilobate with coarse serrate edges. The leaves bear
sparse fine hairs on adverse sides and they are covered with grayish-white
hairs on abaxial sides. The white flower-heads bloom from October to
November. The whole plant has a borneol-like aroma.
[上・中4] 奈良県御所市櫛羅「葛城山」にて、2006年10月16日撮影。
[中1・中2] 長野県大鹿村大河原「鳥倉山」にて、
2005年09月22日撮影。
[中3] 岐阜県揖斐川町春日川合「伊吹山」にて、
2005年10月09日撮影。
[中5〜7・下] 茨城県常陸太田市「竜神峡」にて、
2010年11月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp