セアノサス・アメリカヌス [Index] [Back]

Ceanothus americanus

Ceanothus americanus

カナダからアメリカに広く分布しています。ケベック州からフロリダ州、西はテキサス州、北はミネソタ州に広がっています。乾燥した平原地帯や大草原に生え、高さは45〜100センチになります。細い枝がいっぱいあります。葉は卵形で、互生または対生し無柄、縁は平滑から細かい鋸歯があり、わずかに繊毛があります。5月から7月ごろ、白色の花を塊状の花序に咲かせます。果実は乾燥した裂開性の刮ハです。この葉は、アメリカ独立戦争の間、輸入の紅茶の代用として利用されました。 
クロウメモドキ科ソリチャ属の落葉小低木で、学名は Ceanothus americanus。英名は New Jersey tea、Jersey tea ceanothus。 
New Jersey tea (Ceanothus americanus) belongs to the Rhamnaceae (the Buckthorn family). It is a deciduous shrub that is widely distributed to Canada and the United States, and ranges from Quebec to Florida, west to Texas, and north to Minnesota. This shrub grows on dry plains, prairies, and up to a height of 45-100 cm. It has many thin branches. The leaves are ovate, alternate or opposite with smooth to finely serrated and slightly ciliate margins. The white flowers bloom in clumpy inflorescences from May to July. The fruits are dry, dehiscent, seed capsules. Its leaves were used as a substitute for imported tea during the American Revolution. 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年08月19日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp