セアノサス・リギドゥス

Ceanothus cuneatus var. rigidus

Ceanothus cuneatus var. rigidus

Ceanothus cuneatus var. rigidus

Ceanothus cuneatus var. rigidus

Ceanothus cuneatus var. rigidus

Ceanothus cuneatus var. rigidus

Ceanothus cuneatus var. rigidus

アメリカの南西部、カリフォルニア州に分布しています。平地や丘陵、松林などに生え、高さは1.5メートルほどになります。よく分枝します。濃緑色の葉は倒披針形から倒卵形で、縁には鋸歯があります。春から初夏にかけて、淡青色から青色の花を咲かせます。ソリチャ属は、総称して「カリフォルニアライラック」と呼ばれるようです。 
クロウメモドキ科ソリチャ属の常緑低木で、学名は Ceanothus cuneatus var. rigidus。英名は Monterey ceanothus。 
The Monterey ceanothus (Ceanothus cuneatus var. rigidus) belongs to the Rhamnaceae (the Buckthorn family). It is a small evergreen tree that is native to California. This tree grows in flats, hills and pine woods, and it can reach about 1.5 m in height. It is much branched. The leaves are dark green, oblanceolate to obovate with toothed edges. The pale blue to blue flowers come in spring to early summer. The Ceanothus genus is also called "California lilac". 
[上・中1] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデン
ゲートパーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] 同上にて、2004年04月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] イギリス・ランカシャー州ウォーリーにて、
2015年06月04日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中4〜5・下] イギリス・ランカシャー州ハーストグリーンにて、
2015年06月21日撮影。(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp