セロリアック (蕪三葉) [Index] [Back]

Apium graveolens var. rapaceum

Apium graveolens var. rapaceum

Apium graveolens var. rapaceum

地中海地域が原産です。その地中海地域やヨーロッパ北部、北アフリカ、シベリア、西南アジア、北アメリカで栽培されています。球状の胚軸を利用する根菜類です。わが国へは明治の初期に導入されました。和名では「かぶらみつば(蕪三葉)」、「ねセロリ(根セロリ)」と呼ばれます。 
セリ科オランダミツバ属の二年草で、学名は Apium graveolens var. rapaceum。英名は Celeriac、Celery root。 
Celeriac (Apium graveolens var. rapaceum) belongs to the Apiaceae (the Carrot family). It is a biennial herb that is native to the Mediterranean region. It is also cultivated in the Mediterranean region, northern Europe, North Africa, Siberia, Southwest Asia, and North America. This herb is a root vegetable with a bulbous hypocotyl. It was introduced into Japan in the early Meiji Era (about 140 years ago). 
千葉県香取市大角にて、2016年08月26日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp