セロリ (オランダ三葉)

Apium graveolens var. dulce

Apium graveolens var. dulce

Apium graveolens var. dulce

ヨーロッパから西アジア、インドにかけてが原産です。海岸沿いの湿
地などに生え、高さは30〜75センチになります。古代ギリシャでは
薬用や煮物に利用したそうです。わが国へは明治時代に導入されま
したが、本格的な普及は戦後のことです。茎や葉がサラダや漬け
物、香味野菜として利用されます。和名では「オランダみつば(オラン
ダ三葉)」と呼ばれます。
セリ科オランダミツバ属の二年草で、学名は Apium graveolens var.
dulce。英名は Celery。
Celery (Apium graveolens var. dulce) belongs to Apiaceae (the Carrot
family). It is a biennial herb that is native to Europe, West Asia and India.
This herb grows in coastal marshes and can reach 30-75 cm in height. This
vegetable was used as a medicine and steamed food in Ancient Greece. It
was introdued into Japan in the days of Meiji Era (about 120 year ago),
though it was popular after the Second World War. The stems are leaves
are used for salad, pickle and a spicy herb.
[上] 千葉県香取市大角にて、2010年12月08日撮影。
[中] 同上にて、2010年10月14日撮影。
[下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年11月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp