セロジネ・スペキオサ [Index] [Back]

Coelogyne speciosa

Coelogyne speciosa

Coelogyne speciosa

マレー半島からジャワ島、スマトラ島それにカリマンタン島に分布しています。着生ランで高さは30センチほどになります。球茎は卵形で、楕円形の葉が1個つきます。春から夏にかけて、花茎の先に黄緑色から淡いサーモンピンク色の花を咲かせます。唇弁は白色で褐色の斑紋が入ります。
ラン科セロジネ属の常緑多年草で、学名は Coelogyne speciosa。
英名はありません。
Coelogyne speciosa belongs to Orchidaceae (Orchid family). It is an evergreen perennial herb that is native to Malay Peninsula, Java, Sumatra and Kalimantan. It is an epiphyte and can reach 30 cm in height. The corms are ovate, grows near by and come into a elliptic leaf. The greenish yellow to pale salmon pink flowers come on the spike from spring to summer. The lip is white with brown mottles.
静岡県伊豆の国市「伊豆洋らんパーク」にて、
2007年02月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp