シクラメン・コウム

Cyclamen coum

Cyclamen coum

Cyclamen coum

地中海の東岸からバルカン半島、小アジアに分布しています。草地
や薮に生え、高さは5〜10センチになります。葉は円形で濃い緑色
をしています。晩秋から初冬にかけて、ピンク色や白色の花を咲か
せます。原種シクラメンのひとつです。
サクラソウ科シクラメン属の多年草で、学名は Cyclamen coum。
英名はありません。
Cyclamen coum belongs to the Primulaceae (the Primrose family). It is a
perennial herb that is native to the east coast of the Mediterranean Sea, the
Balkans and Asia Minor. This herb grows in grasslands or scrubs, and can
reach 5-10 cm in height. The leaves are round and darl green. The pink or
white flowers bloom from late fall to early winter. This is one of original
species of Cyclamen.
[上・中] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2003年02月20日撮影。
[下] イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、
2008年03月03日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp