シクラメン・ロールフシアヌム

Cyclamen rohlfsianum

Cyclamen rohlfsianum

リビアの地中海沿岸、ベンガジとダルナの間の限られた地域に分布
しています。標高450メートルまでの石灰岩の砂礫地に生育し、しば
しば潅木の下に見られます。でこぼこで干からびたような塊茎が特徴
です。腎形の葉は夏の終わりに出ますが、表面は明るい緑色、裏面
は紫色または赤色です。葉の前に、芳香のある淡いピンク色の花を
咲かせます。花弁の基部は、赤紫色を帯びています。
サクラソウ科シクラメン属の多年草で、学名は Cyclamen rohlfsianum。
英名は Cyclamen rohlfsianum。
ニューヨーク「ブルックリン植物園」にて、2002年10月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp