シンビジウム

Cymbidium cv.

Cymbidium cv.

Cymbidium cv.

Cymbidium cv.

Cymbidium cv.

Cymbidium cv.

Cymbidium cv.

Cymbidium cv.

Cymbidium cv.

Cymbidium cv.

Cymbidium cv.

Cymbidium cv.

シンビジウム属は、東南アジアからヒマラヤ、アッサム地方の高原地
帯に分布しています。属名は、古代ギリシャ語で舟の形を意味する
花披のかたちから。園芸品種も数多く作出され、花色もピンク色や
赤色、黄色、白色、グリーンなどと多彩です。いまでは組織培養技術
が普及したため、代表的な鉢物となっています。また年末に開花させ
るために、夏のあいだ標高の高い所へ運ぶ、山上げ栽培が行われ
ています。
ラン科シュンラン属の常緑多年草で、学名は Cymbidium(属の総
称)。英名は Cymbidium。
Cymbidium genus belongs to Orchidaceae (Orchid family). It is an
evergreen perennial herb that is native from Southeast Asia to Himalaya,
Assam highland region. The genus 'Cymbidium' named from the ancient
Greek 'kymbes' meaning of boat-shaped, describing the shape of the lip.
Many cultivars are breeded, and many flower colors are present such as
pink, red, yellow, white or green. Cymbidium is one of typical pot flowers
nowadays.
[上] 神奈川県鎌倉市「大船植物園」にて、2007年02月14日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中1〜中5] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2006年01月06日撮影。
[中6・中7] 韓国・果川(クァチョン)市莫渓洞(マッケドン)
「ソウル大公園」にて、2007年01月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8〜中10] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2008年07月19日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[下] 同上にて、2008年08月02日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp